緑のカーテン

近年、夏になると様々なところで見かけるようになったのが「緑のカーテン」。市役所や学校、各家庭など様々な場所で行われています。
地球温暖化、環境問題、エコという言葉が一般化するとともにこの「緑のカーテン」も認知されています。
要は、蔓植物を窓辺に植えて、夏の直射日光を緩和するもの。日光を和らげるだけではなくそれにより温度も若干下がってクーラーなどの稼働が少なくなるという。

今年は私もやってみようと思います。毎年朝顔は育ててたんですが、「緑のカーテン」とまではいかないし。
やはりお勧めは「ゴーヤ」。丈夫で育てやすく、なんといっても収穫できるのが魅力。
夏に向けてそろそろ準備を開始しましょう。

種はホームセンターなどでもまず間違いなく入手できます。苗もありますが、種からでも元気に育ってくれます。
ゴーヤは南国育ち。でも北海道でも栽培可能です。太陽の良く当たる場所を選んで育てましょう。

①種まき
種は1晩水に漬けておくと発芽しやすくなるそうです。
大きめのプランターなどに浅い穴をあけて、1カ所2~3粒まき。土をかけてたっぷり水を上げましょう。
②発芽→間引き
1週間程度で発芽します。順次間引いて、本葉3~4枚頃までに1か所1本にします。
③支柱たて
まき蔓が出てきたら支柱やフェンスに絡ませてあげましょう。とても高く伸びていきます。
「緑のカーテン」にするんだったらネットを張るのがおススメです。
ベランダなどでの栽培は、照り返しや水はけに注意が必要です。プランターを少し浮かせれば大丈夫。レンガなどを四隅に敷いてあげましょう。
④追肥
7~10日に一度、液体肥料などを与えてあげるといいそうです。(私はあまり追肥というものをしたことがない。)
⑤収穫
開花後15~20日ころになれば収穫できます。あの、緑のゴーヤは未熟果(まだ熟していない状態)なんです。熟してしまうと、実が黄色くなって皮が割れて、中から真っ赤なたねが現れます。

結構りっぱなゴーヤが育つそうです。
今年の夏は、緑のカーテンを眺めながら、自家製のゴーヤを使ったチャンプルでも食べたいなあ!
[PR]
by takahama72 | 2009-05-21 14:58
循環生活 >>